学びの特色

5つの分野を学び、多面的なアプローチのできる
クリスチャンメンターを養成

クリスチャンライフ学院の学びの特色

  • 2年制で、年間春学期(4月~6月)、秋学期(8月下旬~11月初旬)、冬学期(1月~3月)の3学期からなり、月曜日~金曜日、午後7時~9時に授業を行う夜間の学校です。どの学期からも入学が可能です。
  • 「家族」「教会」「心理カウンセリング」「マーケットプレイス」「霊性の神学」の5つの分野を柱とし、多面的なアプローチのできるクリスチャンメンターを養成します。
  • 学生は牧会者、宣教師、信徒からなり、授業を通じて交わりを持ち、互いに学び合うことを通じて洞察深いクリスチャンメンターとなることを目指します。
  • 授業では、知識を深めるだけでなく、クリスチャンメンターとして教会の内外のコミュニティーで活躍できるよう、プレゼンテーションやロールプレイ等の実践演習をカリキュラムに組み込んでいます。
  • 学生は都合に合わせて、フルタイム又はパートタイムを選択することができます。
  • また、教室生(対面)又は通信生(オンライン)を選択することができます。通信生の場合、オンラインでライブ講義(午後7時~9時)の参加となります。
  • 少人数制(定員約30名)で、学生一人一人との交わりを重視し、オンライン個人面談の時間をもうけています。

クリスチャンライフ学院の特色

TOP